イソフラボンと男性ホルモンの関係
乳液

イソフラボンと男性ホルモンの関係

イソフラボンというと女性が美容のために摂取するものと思われがちです。
しかし、最近では女性だけでなく男性にとっても良いものとして注目されるようになりました。

まず、注目されている効果が悪玉クレステロールを減少させることです。
男性は中高年になると悪玉コレステロールの数値が高くなり、肥満や糖尿といった生活習慣病のリスクが高まります。
また、メタボリックシンドロームも増加傾向にあります。
対策として、運動や食生活の改善が挙げられますが、毎日の仕事をしているとなかなかうまくいかないものです。
そこで注目されているのが、イソフラボンの摂取です。
食事の中で大豆食品をプラスするだけで、悪玉コレステロールの減少に繋がるのです。
大豆食品には様々なものがあります。
納豆や豆腐は特に簡単に食事に追加できる食材です。
コーヒーを飲む際の牛乳を豆乳に変えたり、醤油や味噌といった調味料から摂取したり、少しの工夫で摂取量が増やせます。

また、もう一つの注目される理由として、男性ホルモンのバランスを整える効果が挙げられます。
男性ホルモンのバランスが乱れる中でも、特に男性ホルモンの働きが強くなると薄毛や抜け毛の原因http://www.474747.net/nukege.htmlとなってしまいます。
男性ホルモンが強くなると、ヒゲやムダ毛は増えるのに、髪の毛は減ってしまう傾向があるのです。
ですから、薄毛や抜け毛以外にもヒゲやムダ毛の濃さが気になる人にもイソフラボンは効果的なのです。
そこで、男性ホルモンの働きを抑えるために、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂るのが効果的なのです。

薄毛や抜け毛の原因は複数あります。
男性ホルモンが強い以外にも、血行不良、不規則な生活やストレスも原因と言われています。
仕事をしていると、不規則な生活やストレスはなかなか簡単に改善できません。
しかし、イソフラボンには血行を良くする働きもあります。
ですから、毎日の食事で積極的に大豆食品を摂ることで、血行不良の改善もすることができます。
もちろん、食べ始めてすぐに効果が出るものではありません。
体の中から改善するので少し時間がかかります
ですから、少しでも髪の毛や体毛のことが気になり始めたら摂取を心がけるようにしましょう。