イソフラボンを乳液で
乳液

イソフラボンを乳液で

イソフラボンが美白や美肌にも効果があることが有名になり、化粧品にも配合されるようになりました。
もともとは、化粧水に配合されたものが販売されたのですが、最近では基礎化粧品一式に配合されるようになりました。
そのため、イソフラボン配合の基礎化粧品http://ahgp.ohgenweb.net/haigou.htmlを一式買い揃えるという人も増えています。

そもそも、乳液は何のためにつけるものでしょうか。
化粧水と乳液どちらも用いることで肌のケアは完成します。
乳液には油分が含まれています。
この油分が肌の表面に膜を作ってくれ、水分の蒸発を防いでくれます。
化粧水が肌への保水をしたり、細胞を柔らかくしてくれた後に乳液をつけることで、乳液成分を肌に浸透しやすくしてくれるのです。
ですから、イソフラボンが配合されているものは化粧水だけでなく乳液も用いたほうが良いのです。

イソフラボンを肌に直接塗布することで、ダイレクトに肌細胞に栄養成分を届けることができます。
そうすることで、肌細胞のコラーゲン生成を助け、肌のターンオーバー周期を正しく導いてくれるようになります。
肌のコラーゲン量が不足すると乾燥やシワの原因となります。
コラーゲンは加齢とともに体から減っていきます。
食事で摂取することも大切ですが、コラーゲンは体の様々な部分で用いられており、優先的に必要な部分に運ばれていきます。
そのため、肌よりも筋肉や骨に用いられてしまうことも多々あるのです。
肌に直接コラーゲンを塗布するのも一つの方法です。
しかし、コラーゲンの組織の粒は大きく、肌細胞まで届かないのです。
その点、イソフラボンは組織の粒が小さいため、肌細胞まで多くが届きます
ですから、化粧水で乳液成分が浸透しやすくなった肌にイソフラボンを塗布するのは、コラーゲンを塗布するよりも肌の潤いアップに期待ができるのです。

また、http://www.arkalmighty.com/mudage.htmlにも書いてある通り、
イソフラボンにはムダ毛を薄くする効果もあります。
ですから、化粧水や乳液をボディクリーム代わりに用いるのは保湿だけでなくムダ毛へのアプローチにも役立ちおすすめです。
また、イソフラボンがガンのリスクを下げるというので注目が高まっています。